スマホでFXを始めるならココがベスト

FXトレーダーは仕組みやルールを理解してから始めるのがベスト

為替相場を投資の対象としたFXですが、その仕組みや投資方法についてまだまだ理解が進んでいないのが現状です。
それもそのはずで、FXという投資方法が個人トレーダーによってスタートされたのが1998年で他の投資方法より比較的新しめというということが分かります。
それではFXの仕組みや専門用語について、これだけは知りたいということを挙げていきたいと思います。
FXは国内、海外のFX会社を合わせるとたくさんあり、国内のFX口座の数たげでいっても約500万口座を超えるといわれています。
しかし、FXの口座を開設しただけではFXで利益をあげることはできないので、その投資方法について詳しく知っていく必要があるのです。
FXの名称の由来になっているのは、果たして何でしょう。
FOREIGN EXCHANGEがFXの正式名称で、その意味は外国の為替を意味しています。
FXでは基本的に外国の為替相場の価格を基準として、トレードを行うのです。
また、為替通貨はペアで扱うのが基本的です。
FXで扱う投資対象はその通貨で、通常ドルと円などと異なる通貨をペアとして扱います。
扱える通貨のペアはFX会社によりかなり違っていますが、ほとんどのFX会社では世界三大通貨と呼ばれるアメリカドル、ユーロ、日本円の取り扱いがあります。
続いては為替レートで利益、損益が出る仕組みについてです。
一ドルが120円の通貨のアメリカドルを購入した場合、売却するときは一ドル120円以上になると利益が出ます。
しかし、売却するときに一ドル120円以下になると、一転して損益になる仕組みです。
FXトレーダーはその仕組みを理解せずに始めるなんていうことはないと思いますが、それでも円高、円安という言葉がわかりにくいので、一ドルが安いほど円高で、一ドルが高いほど円安というふうに理解することこそ大切です
通貨のペアにより円高、円安の基準は変わっていますが、現在の為替相場では円安傾向にスイッチされている状態といっていいでしょう。

 

 

国内、海外のFX口座の違いはレバレッジの制限があるかないか

 

FXが為替相場や通貨が投資の対象となっていることが分かったのなら、続いてはFXの醍醐味とも呼べるその投資方法、ルールについてです。
シンプルながらも一部難しいところがあるFXの本来のメリット、デメリットとは何なのでしょうか。
国内と海外のFX会社の違いは、分かりやすく表せば何になるのでしょうか。
そして、FXには国内の会社と海外の会社があり、どちらで口座を開設すればよいのでしょうか。
国内のFX会社は、レバレッジの規制があるというデメリットの代わりに、国内のFX会社は法律に乗っ取り運営しているため信頼がおきやすいところです。
海外のFX会社のメリットには、レバレッジの規制がない代わりに、サイトやサポートが日本語が不可なところもあり、日本国内の法律が適用されないというデメリットがあります。
また、レバレッジ倍率は現在では25倍までに改定されました。
2012年以前では、これまで国内のFX会社はレバレッジが最大50倍までの猶予がありましたが、現在ではその半分の25倍までに下がっています。
レバレッジが少ない倍率だと、FXトレーダーにとっては最低証拠金の額が上がりデメリットになりましたが、メリットとしては大きな金額を溶かしてしまうリスクが規制で軽減されたところでしょう。
しかし、このレバレッジ倍率に不満を持つFXトレーダーが少なくないことも事実で、これにより海外のFX会社の需要があるのだといえます。
しかし、国内、海外によらずFX口座を開設するときにはそのFX会社が信頼が高いかどうかをチェックする必要があります。
まわりにそのFX会社で口座を開設したという人がいないのなら、ネットの口コミや評判を調べておくと、あとあとこんなはずで花カットいうFX会社とのトラブルを予防できるでしょう。
FX特有のルールとなっているレバレッジやスワップ金利を目当てにFXをする人は増えていますが、口座を開設するときにはFX会社について調べておけば安心材料になります。

 

 

今後のニュージーランドが下落した時に80.9円前後になる理由とは

 

最近のニュージーランドは、軽い盛り返しの状況になっているようです。というのもここ最近、その外貨が上昇してきているのですね。
数週間ほど前は、ニュージーランドはかなり低い水準になっていました。あの時は、80円台を記録していたのですね。
ところがここ最近、だんだんとその金額がアップしてきています。現時点の数字なのですが、81円台になっているのですね。今後どのような状況になるのかは不明なのですが、少なくとも数週間前に比べれば、やや高めな水準になっている事だけは確実でしょう。
その水準になっている理由は、単純にリバウンドだと思います。外貨の動きは一直線に進むものではないので、いわゆる反動が生じがちなのですね。一旦は下げムードになっていた外貨が、一転して軽い上げになるケースもよく有るものなのです。
ところで今後のニュージーランドが、下がる可能性もゼロではないでしょう。今後上昇し続ける可能性も一応ありますが、そもそも未来の事は誰にも分かりません。FXのセオリーの1つですね。
そして下がった場合はどれ位になるかと申しますと、個人的な予想では80.9です。そこまでは一直線に下落する可能性もあるのですが、恐らく80.9で踏みとどまると思うのです。
ではどこからその数字が出てきたかと申しますと、過去のレンジなのですね。というのも数週間くらい前に、ニュージーランドは80.9前後で保ち合いの状況になっていたのです。上昇するか下落するか、はっきりしない動きですね。
そのような保ち合いの局面は、いわゆる下落の目標値になるケースが非常に多いのです。ですので上記のような予想ができる訳ですね。
それは何もニュージーランドだけに限りません。他の米ドルやポンドなどの外貨全てに対して言える事なので、ちょっと保ち合いの水準は要チェックと言えるでしょう。
それにしてもこの外貨は、最近よく下がっていると思います。このまま下落が継続した場合は、もしかすると70円台半ばになるかもしれませんね。過去のFXの動きを見ると、そこにまたレンジがあるからです。

 

 

システムトレードに見るメリットと注意点について

 

MT4が使える業者からダウンロードしたツールで過去のパターンを分析し、その中から成功しているパターンの特徴を見つけ、そのデータを基にして投資を行う方法にシステムトレードがあります。システムトレードは、投資をするスタイルによっても異なっており、例えば、企業の価値に着目して投資を行う場合にはPER やPBR といった指標を基として取引を行い、チャート分析を重視する場合にはテクニカル指標を重視して取引を行います。システムトレードは、そのシステム構築に関しては歴史があり、大規模なもとのしては、かつてはヘッジファンドにおけるクオンツがプログラミングを行って債権投資などに活用されたのが始まりとされています。そこには金融工学のみならず、ロケット工学などあらゆる科学者が関与をして、過去のデータを基にしたシステムが構築されていました。現在においては、デイトレーダーなどの個人でも簡単に使用できるシステムが用いられており、その利便性の高さから多くの人に利用されています。
システムトレードのメリットは、まず、相場観を持たずに売買ができることがあります。構築したり購入したりしたシステムでは、そのルールによって売買が行われるようになっており、そこには感情や情緒といったものは存在しません。そのために、迷うことなく機械的に取引を行うことができます。次に、感情などによって生じる余分なリスクを排除できることがあります。投資をする場合には、感情などが入りこんでしまうと、疑心暗鬼に陥ることもあり、そのために判断を間違えてしまうことがあります。そのような場合でもシステムトレードはデータに沿った判断によって投資を行うことができます。他にも、24時間マーケットを見続ける必要がないのもメリットとしてあり、設定をすることによって、24時間継続的に、機械的に取引を行っていきます。
システムトレードにおける注意点としては、大きく2つを上げることができ、まず、1つには異なったシグナルが発生した場合に、感情をコントロールできるかということがあります。感情はパフォーマンスにも影響を及ぼす場合があります。次にシステムの信頼性があり、継続性も含めて、売買シグナルは重要なものとなります。

 

FXは上がるか、下がるかだけです。もちろん、ある一定のポイントから見ると、値動きが少なく動いていないと感じる事もありますが、それでも変動があります。値動きを予想する事も、また大きな値動きに乗ってついて行く事も、どちらも容易ではありません。
儲ける事はとても大変で難しいのです。FXで儲けているという、多くの個人は大概が嘘だと私は思っています。何より、ブログが熱心であればあるほど、嘘だと感じています。文章量が多くても、少なくてもです。
そんなに簡単に儲かるのなら、あなたが住んでいる住宅や高級車、毎月のクレジット明細の一部でも、ブログにアップしてくれと言いたいです。左右のスペースに、FX会社の宣伝で覆われたアフィリエイトだらけのブログのどこに真実があるのでしょう。
お金を儲けたと嘘を付き、お金を稼ぐ。FXはいつから、嘘の集まり集団になったのでしょう。しかし、諦めてはいけません。中には、本当に少ないですが、FXで儲けている人もいます。私は運悪く、その一人ではありませんが、FXで儲ける事は可能なのです。
株で儲けるには、変人になれと言います。昔は金持ちは変わり者と言われたので、変人になれば株でお金を稼げると、なんとも可笑しな事です。それでFXで儲けるには、狂人になれという事です。気が狂うほど、集中と熱中しなければ儲ける事ができません。それほど、大変なことなのです。
ある手法が成功し、小額でも継続的に儲ける事ができれば、レバレッジと倍倍ゲームのFXでは、短期間であっという間に大金を掴めるのです。それなのに何年間もブログに、毎日毎月何十万や何百万と儲けたと書く人の気がしれません。そこまでして、アフィリエイトで儲けたいのかと言いたいです。
昔の為替取引がネットの普及で進化し、FXになり、チャートやサポート体制も充実し、大勢にチャンスが平等にやってきて、その結果がアフィリエイトだと泣けてきます。
その動きは、どんな優秀なトレーダーやアナリストも予想できなかったはずです。嘘と書くFXブログが少しでも減ってくれれば、FXで本当に儲けている人も多少は居心地が良くなります。今は、FXで儲けていると言えば嘘つき呼ばわり、または胡散臭く感じてしまうからです。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:45:28

FXというと、投資というイメージとギャンブルというイメージがあり、なかなかまわりに理解されないという人もいるようですが、その実態はどうなのでしょうか。
まず投資というと、将来に備えた投機であり堅実な印象を受けて、リターンを得るための一時的なマイナスのような傾向があります。
しかしギャンブルというと、リターンがなくただの遊び金という印象で、将来に備えている感じはまったくありません。
どうしてこうも違うのでしょうか。
例えば世の中には証券会社に勤めている人は、専門のトレーダーで毎日のように多額の資金を投資しています。
これは投資と呼ばれるものですが、ギャンブルというとやはり失礼ですし、どこか異なるものがあります。
それはなにかというと、FXならばいかに利益をあげようかという知識か気構えの違いからくるものではないかと考えます。
ギャンブルは、念頭においているのはあくまでもその場の楽しさならば、投資なら念頭におくのは将来に向けてのリターンです。
なのでFXを一概に投資というのも、ギャンブルというのも、人により考え方により異なり、違いがあるということでしょう。
FXを投資と考えている人は、それなりに本やサイトで勉強をしてから望むはずですし、やたら滅多なことでつまらないミスをしないように気をつけているょうか。
けれどだからといっても、FXをするのなら投資であろうとももちろんリスクはつきものですし、リターンを大きくしようとすればするほどリスクは増えていくものです。
FXは投資であろうともあくまで余裕資金をということで楽しむもので、それのために無理してお金をかき集めるものではありません。
身の丈に合わせた投資はいきなりに一攫千金にはなりませんが、その余裕資金だからこそこつこつと無理なく安全運転でFXをできるはずです。
破天荒なギャンブルにならない投資という名のもとで、堅実にそして安全になるようにFXをして、すこしずつでも将来に備えてのお金を貯めていきたいものです。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:45:28

通貨危機というのはどの通貨であっても、大きいことでも小さいことでも一定のリズムで訪れるものかもしれません。
なのでその時期と重なる時期にその通貨を保有していると、大きな損をしていることもあります。
それではそういう通貨危機や金融不安を避けるためのFXトレーダーとしての選択は何があるのでしょうか。
それは、一つだけの通貨にこだわらないことが大切で、一つだけの通貨に目を向けていてはメリットを受けることも多い分デメリットも大きく受けます。
そのためそういう起伏をなくすために、メリットとデメリットが小さくても様々な通貨を保有することがベストです。
よく投資信託でもポートフォリオを組むといって、債権や株な度の比率を気にしたり、先進国、発展途上国、国内、リートなど、どれにも偏らないように構成するのがミソです。
それをFXトレーダーも、自身の手で行えばあらゆるリスクを遠ざける役目を果たすのではないでしょうか。
けれどFXは通貨のみで、投資信託のように色々組み合わせるといっでも限りがあると思う人もいるかもしれません。
けれど、やり方次第では工夫が色々できるのです。
まずよくいう地理学上のリスクを考えると、アジア、北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、中東、南アメリカ、オセアニアと分けることができます。
なので、この地理学上の通貨でポートフォリオを組むのなら、アジアから中国元、アメリカドル、ユーロ、ランドなどと選ぶことができます。
またほかの分け方としては、経済の発展にあわせてのやり方です。
先進国と発展途上国にわけてみるのです。
そしてさっきの地理学上の通貨で選び、先進国に傾きすぎないようになど手入れをするといいでしょう。
一つの通貨にこだわる理由はやはり自分が情報の集めやすさや管理しやすいからでしょうが、そのリスクと考えてみると複数の通貨で最強なマイベストのポートフォリオを組み合わせることでより、そのメリットデメリットの差を極端にはせずに滑らかにすることができるのでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:45:28